学会報告

2018/11/07(水)

秋も大分深まり、初雪の便りが徐々に近づいてきております。院長の桝谷です。

毎年楽しみにしている北大銀杏並木も何とか無事に見ることができました。

また、こちらも毎年恒例であり、かつ一年の締めである秋の「北海道耳鼻咽喉科地方部会」での発表を行ってきました。


今回は、当院で行なっている局所麻酔下鼓室形成術に関する演題で、手術を受ける側がどのような点で苦痛を受けることになるのかを検討することで、さらにより良い手術を提供できるようにすることを目標とするものです。

各種苦痛が全くない快適な手術が行えるように努力を重ねていきたいと思います。


  
    
   


TOP