新型コロナウイルスに関する当院の取り組みについて

2020/04/15(水)
当院の新型コロナウイルス感染症に対する対応と対策につきまして、
現在、下記のように運用しております。
 

①発熱・咳嗽・倦怠感等があり、厚生労働省から発表されている「新型コロナウイルス感染症」の症状に該当する方は、
クリニック来院前に
♯7119 または 011−272−7119(札幌市保健所 救急安心センターさっぽろ)
にご相談していただき、「一般医療機関の受診可能」との返答をもらうことを原則とします。

上記確認がとれた方は、クリニック来院前にお電話にてご連絡ください。
 患者様の状態を確認した上で、必要がある方は指定した時間に来院していただき、
一般診療で来院されている患者様とは別のエリアで待機及び診療となります。
(症状によっては、しかるべき医療機関の受診をご案内する場合もございます。)

※ 担当するスタッフは、マスク・ゴーグル・防護服着用のもと患者様と接します。
 予め、ご了承ください。

※ 2週間以内に、同居されているご家族含め、海外渡航・道外への往来がある方も
 別のエリアでの待機・診察をお願いする場合がございます。
 事前にお電話にて必ず受診連絡をお願い致します。

②嗅覚障害で受診の方はこちらをお読みください。

③院内に入られる方には、アルコール消毒とマスクの着用をお願いしております。


④院内キッズスペース内の共有おもちゃ・絵本は、感染防止の為
 一時的に撤去しております。


⑤受付カウンターにて、患者様とスタッフとの間にビニールカーテンを設置しております。

当院ではさらに安心してご来院していただけるよう院内設備・備品の消毒を徹底しております。 



新型コロナウイルス感染症患者様が増えている現状で、私共としては、
コロナウイルスとは関係のない「みみ、はな、のど」に関する他の病気も治療していかなくてはなりません。

病院を受診し、ウイルスをもらってしまうことを恐れて、
受診が遅れ治療が手遅れとなってしまうケースもあります
そのためにも、感染を心配することなく、当院に受診していただけるようスタッフ皆で日々考え、様々な対策を行なっております。
そして今後も対策を継続・進化させていく所存です。

クリニックでは空間的ゾーニングが難しい事もありますので、今後の情勢によっては時間的ゾーニングを行うなど、受診方法が日々変わっていく可能性があります。
(具体的には、疑わしい患者様には院内に入る事なく外待合での診察を行なっている現状に加え、各年齢層によって受診時間帯を分けること等を検討しております。)

「うつさない、かからない」を前提として「しっかりと体のトラブルを治していく」
このことを受診される患者様にご協力いただきながら、我々はしっかりと目指していきたいと思います。

最後に繰り返しとなりますが、2週間以内に同居されているご家族含め、海外渡航・道外への往来がある方、
熱・咳・身体のだるさなどがある方は、自身がコロナウイルスに罹患している可能性が十分にある事をしっかりと認識していただき、
節度ある受診をお願いしたく存じます。そして、必ず事前に電話連絡いただくようお願い申し上げます。

何かご不明な点などございましたら、お気軽に当クリニックへ連絡ください。







 




TOP